私がFXを始めた時の話です、レバレッジを何倍もかけることができる為、自分がこっちだ!!と思う箇所で何箇所もポジションを持っていました。

雑誌ではポジションを沢山持つのは良くないと書いてあったのですが、気にせず、気に入ったところでポジション持っていましたが、仕事終わりにチャートを見てみると……あれ、全部決済されている!?自分では売ってないのに何故?
というような状況になりました。

調べてみると、FX会社では投資財産を残す為一定の金額(マイナスの場合に)ロスカット値というものが決められていて、マイナスに動いてしまった際に残高に対してロスカットという金額が定められていて、その金額に到達した際に自動で決済されます。
私はこのロスカット値をギリギリまでいつも取引してしまうので自動で決済されるということもたまにあります。

余力を残しつつ、投資をやれるとステキなことだと思います。
また、最近では仕事上レートをずっと見ておくことは出来ないので、クイックトレードではなくOCOトレードを使用しています。
OCOトレードは、価格が一定の値動きをしたらそのタイミングで決済してくれるようなシステムです。
自分がレートを見れていない時間に利益が出てしまった時とかでとても悔しい思いを何度もしていたので、この手法を知ってからは基本的にポジションを持ったらすぐに、OCOを設定するようにしています。
取りこぼしが少なくなったので初心者の方や短期決戦派の方にはとてもオススメです。